モバイルwifi simフリー おすすめ

モバイルwifi(ポケットWiFi)は、Wi-Fiルーターのモバイル版です。
旅行や出張時など外出先でインターネットを自由に使っている方なら、場所を選ばずインターネットに接続できるモバイルwifi(ポケットWiFi)を必ず持っているはずです。そのモバイルwifi(ポケットWiFi)の中でも、通信費の価格を抑えてインターネットに接続できるのが、simフリー対応のモバイルwifi(ポケットWiFi)です。


格安SIMのロケットモバイル

ただ単に「通信費を安くしたい」という考えで、simフリー対応のモバイルwifi(ポケットWiFi)にするのは危ないですよ。モバイルwifi(ポケットWiFi)は、電波の届く対応エリア内でなければ、インターネットへ接続できないので、自分がよく使う場所が対応エリア(通信可能なエリア)内か確認していきましょう。もう1つはバッテリーが切れると使用できなくなります。
その他にもデメリットはありますが、せっかく安くインターネットできる環境を手に入れたのに使えないなんてもったいないです。少なくとも対応エリアとバッテリー、この2つは必ず確認したほうがいいですよ。もちろん、海外で使用する場合も同じです。


simフリー対応のモバイルwifi(ポケットWiFi)の中で、私がおすすめするのは、デュアルSIM対応のモバイルwifi(ポケットWiFi)です。
デュアルSIM対応というのは、1台に2つのSIMカードを挿入して使用できるタイプで、ひとつのSIMカードがダメでも、もうひとつのSIMカードでインターネットに接続が可能です。例えば、ビジネス用は高速通信ができるSIMカードで、プライベート用は低速の接続で低価格のSIMカードといった感じに使い分けることもできますよ。

【格安SIM・スマホ】でおなじみのエキサイトモバイルでは、大容量バッテリーで持ち歩きやすいデュアルSIM対応のモバイルwifi(ポケットWiFi)の「NEC Aterm MR05LN」とのセットで申し込み可能です↓



モバイルwifi ルーター 格安sim

格安スマホやテレワークの影響で、格安simの需要も増えてきています。
格安simは、通信業者が提供しているSIMカードに書かれた情報の事なので、SIMカードのことを指します。スマホやWiFiルーターは「SIMカード」という契約者情報を記録したカードを挿すことによってネットの接続ができます。

基本、格安simはどの会社も安く、少し不安と思う方も多いかもしれませんが、自宅のネット料金を少しでも節約したい方なら、格安simはおすすめかもしれません。


ただ、すべての方におすすめの方法というわけでなく、自宅でネットをほとんど使わないのに毎月高いお金を払っている方にとっては、「格安sim」とどの会社のSIMカードでも挿せる「simフリーのモバイルwifi(wifiルーター)」を使う方法も節約のポイントだと思います。それにより、家計における固定費を削減できる可能性があります。

格安simのデメリットは通信速度が遅くなる可能性があるので、まず、自宅や自分のネット利用環境が「どの程度の通信パケット量を使うのか」や「どんな事をするのか」を検討して考えることが大事です。パケットの利用量は、使い方次第で大きく変わり、料金も大きく変わるので、オンラインゲームや動画視聴をたくさんする方は、「格安sim」と「simフリーのモバイルwifi(wifiルーター)」を使う方法はあまりおすすめできません。



ただし、最近だとパソコンよりも多くの方がスマホやタブレットで、ネット閲覧や動画視聴、SNSのチェックなどを済ませる方も多くいるので、自宅でパソコンを使う機会が少ない人は月額料金が抑えられる「格安sim」向きだと思います。


ロケットモバイル

モバイルwifi 格安 sim

モバイルwifi(ポケットWiFi)を試しに使いたい方や短期間だけ利用したい方、なるべく月額料金を安くおさえたい人の方法として、SIMカードを挿して使う格安SIMも選択肢の1つです。

格安SIMのメリットは、月額料金が安く、契約期間の縛りがほとんどなく、通信容量にあわせてプランが選べるなど多くあります。しかし、デメリットもありますので注意が必要です。

格安SIMのデメリットは、時間帯によって通信速度が遅くなる可能性があること、
使いすぎると速度制限がかかり、無制限プランのスペックが悪いこと、全てのルーターで使えるわけではなく、自分でルーターを用意しなければいけないこと、簡単な設定だけど、自分で設定が必要なことなどです。

格安SIMのモバイルwifi(ポケットWiFi)で私が一番のデメリットと思うことは、回線速度が遅い可能性が高いことです。だから、少ししか使わない人や月額料金を1円でも節約したい人などにおすすめだと思います。


ロケットモバイル

モバイルwifi おすすめ 縛りなし

モバイルwifi(ポケットWiFi)を探したり、使っていたりする人なら知っていると思いますが、普通にモバイルwifi(ポケッWiFi)を契約すると2~3年の契約期間があります。これが契約年数の「縛りあり」です。途中で解約すると違約金が発生するので、短期間の利用には向きません。

逆に、契約期間が無いのが契約年数の「縛りなし」です。解約しても違約金が発生しないのがメリットで、出張や旅行などもそうですが、急にWiFiが必要になった場合におすすめです。ただ、テレワーク需要で利用者も増え、在庫がなくなっていたりもしています。

契約年数の「縛りなし」と聞くといいように聞こえますが、メリットだけではなく、それぞれデメリットもあるので注意しなければなりません。
例えば、契約後の初期契約解除がない、端末が新品ではないことが多い、故障や紛失してしまうと弁償代がかかるなど様々です。気軽に契約できますが、ちょっと試してダメだったら初期契約解除すればいいと考えている方は特に注意が必要です。

契約年数の縛りなしのモバイルwifi(ポケットWiFi)といえば、「縛りなしWiFi」が有名ですが、どちらかというと「縛りなしWiFi」は料金面で安く利用したい人におすすめです↓



私がおすすめする縛りなし、違約金なしのモバイルwifi(ポケットWiFi)は、エリア圏外になりにくい、エリアを気にせずに使える【クラウドWiFi東京】です↓



モバイルwifi レンタル 無制限

現在の世界情勢や日本の働き方を見ても、テレワークをする人はより多くなると考えられ、従来のモバイルwifi端末を購入して利用するも多くいると思いますが、それと同様に料金を安く抑えることが出来て、すぐに利用することができるモバイルwifiのレンタルを必要とする人も出てくると思います。

特にレンタルは、長期よりも短期的にモバイルwifiをレンタルしたい人が増えると思います。短期間のレンタルといえば1日~1か月というイメージが強いですが、通常は2~3年単位で契約をしているので、1~3ヶ月単位であっても短期と考えることができます。

レンタルで選ぶポイントは、自分が使用したい期間の料金を安く済ませたいのはもちろん、快適にテレワークをするのであれば、データ通信量を気にせずストレスなく使える無制限のプランがあるのが重要だと思います。ただし、無制限のプランでもレンタルする機種によって通信速度や通信可能なエリアが違うケースあるみたいなので確認と注意が必要ですよ。

wifiレンタルショップ「WIFI東京」の商品は、通信量制限なしで、短期と長期の2種類のみ、レンタル延長もできて料金もシンプルなのでいいと思います↓